月憑きつれづれ

アラサー独女のつれづれ雑記。電車の中とかでさらっと読んでもらえるようなコラムの予定。

実家が太いネタ

何度か話題になっていて、もう何巡目かの流行り言葉だけど。

「実家が太い」って、昔から言うのかな?

言わんとしてることは分かるからね。上手い言い方だとは思う。

「育ちが良い」ってのとは微妙にニュアンスが違うのも面白い。

よく言われる「実家が太い」の意味は、とにかくまず毒親ではなくて、親戚にとんでもない人がいなくて、幼少期から色々な経験を無理なくさせてくれて、それなりの経済力とコミュニケーション能力がある実家、ってとこかね。

ただ金があればいい、経験を積ませればいい、ってもんでもなくて、どちらかと言うと「(環境的にも心理的にも)子供に選択権が広くあった」ってのがひとつの「実家が太い」要素だと個人的には思っている。

あとは「両親の仲が良い」「病気や障害、当面の不安が少ない」みたいなのも、場合によっては含むかな。

別に片親でも病気でも実家が太くなくなるわけじゃないけど、それくらいのぼやっとしたもの、という意味で。

そして今の日本はまだ、実家が太い人のが多数派なのだろうと思っている。

うちもメジャーな家よろしく、普通に実家は太い方だったと思う。

毎年の海外旅行、兄弟全員私立の中高大。親の友達家族とのキャンプや海。美術館博物館観劇は普通に親が好きで「行く?」「じゃあ行く」くらいの軽さだった。(行かないと言えば両親だけでか、1人ででも行ってた)

これが「普通じゃん」と言えば普通なんだろうし。

「だった」と書いたけど、今も本当に普通の実家だしね。帰れば親が喜んで美味しいものが出てくる的な。昭和のドラマによくあったような。

だからこうやってネタのように、「実家が太い」なんて言い方ができるってもので。

 

全体的にそのレベルが下がってきてるのがひしひしとわかる昨今。

あとたった10年後とかでも、どうなってるかわからんよね。

自分が所帯持ったとして、そんな実家にはきっとなれんし。

そういうのに向かいつつあるからこその流行り言葉なのかな。

おーこわいこわい。

 

<hr>Sponsored Link<br /><script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
<!-- 月憑き_自動 -->
<ins class="adsbygoogle"
     style="display:block"
     data-ad-client="ca-pub-1112722527721572"
     data-ad-slot="9129121775"
     data-ad-format="auto"></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>

一平ちゃん みたらしうどん

f:id:moon_tuki:20180917222609j:plain
一平ちゃん焼きうどん
十五夜お月見みたらし団子味

たべてみた。
友人に「美味しいから!騙されたと思って食べてみて!!美味しいから!!!」と激推しを受けて買いました。
ドンキで安売りしてた時点で怪しいとは思ってたけど。
まんまと騙されましたよ友人。
よくこれ人に勧めたな、って味。
いやまぁ、良くも悪くも想像通り?のみたらし団子味なんだけど、なんだろう、同じ小麦粉原料なはずなのに餅なら美味くて焼きうどんになるとダメな理由って逆になんだろう。。。
そこ考え始めると迷宮入りなんだけど、なんていうかそういう味です。
もはや味の説明を放棄する味。。

実は餡子味みたいなやつも勧められて買ったんだけど、これ同時期にふたつ続けて食べられるもんじゃなかったからレビューはまた忘れた頃に。
いや別に不味いとは言ってないからね?
気になる人は買ってみては。


Sponsored Link


【夏ドラマ】絶対零度 視聴完了

遅ればせながら絶対零度を見終わりました。

絶対零度」って同じ名前ながら上戸彩がやっていた絶対零度とは全然違う話になっていて、誰もが自分の人生にとっては主人公で、その世界では上戸彩とて脇役になる、ってのを感じましたね。

IT屋視点で「未犯システム」ってどうなの?ってのは、まぁ「少なくとも今は無理だな」ってのが正直なところ。

このシステム難しいところで、「同じようなパターンを見つける」という意味である程度システムにはデータを蓄積する必要があるわけだが、殺人のデータというのはそうそうとれるものではないので、最初の「覚えこみ」のところでハードルになると思うのよね。

そしてそれくらい殺人が起こるということはそれなりの規模で実施する必要があるけれど、その規模に急に監視カメラとかをつけるのは物理的に難しい、という。

そもそもそれだけ監視カメラつけられるようになったらまずはその監視カメラで検挙率100%にするところからじゃないですかね。今それすら全然でしょ。

なんかIT屋というか普通の人の視点になってるけど。

前あったよね、万引きをなくすAI作るのにわざと万引きさせて、成功したら持って帰っていい、的な。(中国でだったかな)

 

という前提のドラマ設定はおいといて。(長い)

話としては、おもしろい・・っちゃ面白いけど、未犯システムで助ける人達がクズばかりで、世の中殺されるには殺されるだけの理由がある、って暗に言っているように見えてそこがちょっとなぁ・・と。

その例がないと田村さんの事件につながらなかったわけだけど、1件くらい「助けてよかった」例があってもよかったのでは、とは思った。

たぶん普通に善良に生きてきたのに殺される人も世の中にはたくさんいるし、助けるならそういう人を助けてほしいものである。

桜木さんの件はちょっと深みが足りなかったかな。

あの尺だとしょうがないかもしれないけれど。

1年姿くらましてたにしてはだいぶアッサリ出てきちゃうし。

物語中にも出てきてたけど、これで桜木さんも立派な「犯罪者」のくくりなわけで、そのあたりもしっくりこなかった部分はある。

このまま未犯のチームに入るわけにもいかないし、今まで築いてきた「絶対零度ブランド」を終わらせるにしては少しもったいない気がした。

 

なんだか批判の多い記載になってしまったけれど、毎週楽しみにみてました。

上戸彩かわいかったなぁ。(*´ω`)

 


Sponsored Link