日々、迷走

ミドサー女が日々を迷走する雑記。音楽、海外、IT、ドラマ、アニメ、映画、等々。Twitterやってます。@moon_tuki

【TOEIC】点数の伸ばし方

いや僕も知りたいくらいだけどさ。

普通に恥ずかしいのでぼやかして書くけれど、僕のスコアは600~800の間。

年に1、2回受けて、ここ数年はその間をうろうろしている感じなので、ピンポイントで言わないのもまぁ許してほしい。

たぶん僕世代の社会人としては平均ど真ん中くらいではなかろうか。

会社が求めるスコアってだいたい730とかだからね。

で、僕がここで書けるのは600くらいまでの点数の伸ばし方。それ以上は知らん。逆に教えてほしい。

そして正直なところ600までだったら、あんまり英語の地盤がなくてもテクニックで上げられるので、とりあえずそこまで上げたい人は読んでみてください。

テクニックでスコアを稼ぐこと自体に関する是非は割愛するよ。新形式になったら通用しないかもしれないけれどね。

 

まず、スコアが簡単に上がるのは、リスニングセクションだと思っている。

これは人によるのかもしれないけれど、人間文字の読み書きよりも先に聴いてしゃべることを覚えるから、リスニングの方が得意な人は多いのではないかという勝手な自論である。

で、テクニック「だけ」で600とるなら、リスニング400:リーディング200くらいの割合だと思ってもらった方がいい。

リーディングは4択の正答率+@くらいでなんとかしてもらうとして、リスニングを極めるという勉強方法をとるわけ。

英語の勉強としては最悪な方法だとは思うけれど、とにかくTOEICの点数を600まで上げないといけない人にはこれが一番手っ取り早いのよね。

ちなみにあえて誤解を招くような書き方をしたけれど、TOEICというのは統計学や心理学を巧妙に混ぜ込んだかなり完成度の高い試験になっていて、例えば4択だからと言ってAに全部つければ4分の1当たるとかそういう方法は使えません。

そもそも200問で990点満点、5点刻みのスコアだから1問何点って均等に割り振られているわけではないことは誰でもわかると思うけれど、点数配分が1問ごとにされているわけでもなくて、「Q21とQ40が両方正解ならボーナスプラス」とか、「Q35は正答率が低いから正解した人のスコア底上げ」とか、そういう設問同士や受験者同士をリンクしたようなスコアのつけかたをしているそう。

よくできてるね、まったく。

 

で、話し戻すと、600までに限らずスコアあげる方法は、とにかく公式問題集やってください。

ヽ(・ω・)/ズコーとかなんないでね。

しかたないじゃん公式問題集が一番いいんだもの。

そしてここからがリスニング用の勉強。

Part3とPart4を死ぬほどやる。

以上。

1日10回とか回すといいんじゃないかな。同じ問題でとりあえず大丈夫。

これだけで、600未満のスコアなら本当に+100点くらいはサクッと達成できます。

Part1とか要りませんから。最初に1回やったら、もう試験直前の1回までやらなくてもいいくらい。(計2回とかね)

Part3、4は、1語も落とさずに聞きとれるようになったら、できればCD倍速でもやるとさらにいいと思う。

とにかく耳が慣れて、「問題文を読む→聞く→答える」のリズムを叩き込むのが目標。

これやるだけで僕はリスニングはわりと早い段階で400を超えた 。

ただしここで、リーディングという魔物にとらわれたのである・・・・。(続きは次回)

 


Sponsored Link