日々、迷走

ミドサー女が日々を迷走する雑記。音楽、海外、IT、ドラマ、アニメ、映画、等々。Twitterやってます。@moon_tuki

双子家系は存在するか

結論から言うと、僕は存在すると思う派。

なぜなら僕の家系が双子家系だから。

わりと親族がよくあつまる家系なんだけど、常に何組か双子がいる状態。

僕は小さい頃からそれになれていたので、自分に片割れがいないことがちょっと不思議なくらいだった。まぁ兄弟いるからいっか、的な。

一卵性も二卵性もいて、どちらかというと一卵性のほうが多いような。数えたことないけど。

双子だけで三つ子以上は見たことないけどね~。ちょっと見てみたいよね。

何がすごいって僕の両親はもちろんもともと血縁があるような関係ではないのだが、(いとこ同士って結婚できるらしいね。そういうんじゃないって意味ね。)両親とも双子家系ってところ。

これは将来的に僕が子供を産むことになったら双子もありえるのではないかと期待したいところである。

いや、双子ってめっちゃ大変そうだけどね。お母さん激ヤセしたりしているよね。間近で見ると特に。

 

で、科学的にはどうかというと、二卵性の家系というのはあるそうです。

なおありえるのは女系のみ。

自分の母親の家系に二卵性の双子がいると、双子を産む確率が跳ね上がるってことらしい。

逆に一卵性の双子は家系とかは関係なく、完全なる運というか、たまたまなんだそうで。。

たまたま集まっちゃったうちの家系は一体何なのか不思議な感じはする。

ちなみにほとんどの場合、血のつながった親類なら一卵性でも見分けがつくのも不思議。

雰囲気でわかるんだよねー。

ある程度年齢が上の叔母さんとかはよく間違えて呼んでるから一定の年齢いくと見分けがつかなくなるのかもしれないけれど。

 

あとは全然違う就職先とかに進んだはずなのに、見つけてきた結婚相手はなんだか雰囲気が似てる人を選んでくるよね、ってのは、、家系じゃなくて普通に双子あるあるだね。うん。

小さい頃からの双子の成長過程が見られるうちの家系は集まるとなかなか面白いし、もうこのまま双子家系ってことで今後もいろんなタイプの双子が生まれてくると楽しいなと他人事のように考えている、独身アラサー。

最近双子叔母からの結婚まだかコールが痛い。

 


Sponsored Link