日々、迷走

ミドサー女が日々を迷走する雑記。音楽、海外、IT、ドラマ、アニメ、映画、等々。Twitterやってます。@moon_tuki

オペラ座狂

前に劇団四季のおすすめをしたとき、挙げさせてもらった「オペラ座の怪人」。

 

moontuki.hatenablog.com

その記事でもチラッと書いたけれど、僕はニューヨーク・ブロードウェイでも、ロンドンでも、ハーマジェスティシアターに足を運んだくらい、大好きな演目である。

(両方ハーマジェスティシアターって名前なのね。)

 

僕が好きなのはあくまでミュージカルのオペラ座の怪人アンドリュー・ロイド・ウェーバー版になるのだが。

これのなにがすごいって、このウェーバー版は、愛人(というか後の妻、そしてその後離婚)のサラ・ブライトマンにクリスティーヌ役をやってもらうために音程とかを合わせてミュージカル曲を書き下ろしたところ。

はまり具合がはんぱない。そしてなんだかオペラ座「らしい」。。

 

このウェーバーオペラ座の怪人のあらすじは、まぁ怪人とクリスティーヌとラウルの三角関係かな。(雑。)

三角関係という意味ではウェーバー版に限らないのか。

とりあえず怪人はクリスティーヌにべた惚れしてて、いろんな才能を持ち合わせた鬼才なんだけど、めちゃくちゃ見た目が悪い。だからいつも仮面をしてる。

クリスティーヌは普通のオペラ座のダンサーだったんだけど、怪人に歌の秘密レッスンを(顔が見えない状態で)受けてて、元々の才能もあり、舞台女優へと成長していく。

ラウルはクリスティーヌの幼馴染で、いまはいいとこのお坊ちゃん。顔もそこそこいい。

という感じの設定。

顔を見るまではクリスティーヌも怪人を恐れてはいなかったんだけど(むしろ多少好意?というか興味?があった)、醜い顔を見て急に態度が豹変するのね。

最終的にはクリスティーヌはラウルとひっついて、怪人はおいてけぼりにされるんだけどさ。

 

ああ、いつの時代もそういうもんなのかな、ってちょっと思うよね。

醜い者は貶される。

なんだかんだで手段を選ばない怪人は、人を殺したりシャンデリアを落としたりするから、クリスティーヌの「醜さは顔じゃなくて心だ」っていうのも、まぁ理論的にはすじ通ってはいるんだけど。

いやたしかに人殺しはいやだけど。

でも、でもさ

結局、、見た目だよね・・・・。

 

これねー、ブロードウェイ版もロンドン版も見たけど、万国共通だよ。

べつに劇団四季が伝えきれてないとかじゃなくてさ。そういう理不尽なんだよ。

いくら尽くしても届かない差はある。

それを受け入れる怪人が愛おしくて、何度も見にいってしまうのだ。

 

僕だったらどうするだろうなぁって、どっちの立場でも思う。

怪人側だったら、怪人のように引き下がるだろうか。

クリスティーヌ側だったら、やっぱりラウルを選ぶだろうか。

 

舞台装置大道具小道具、衣装、曲、歌、構成、すべてが「完成されたもの」で、素晴らしくて、その中の怪人の歪んだ愛情とか執着が妙に引き立てられていて。

怪人の「思い」に焼かれに、今日もオペラ座狂がやめられない。


Sponsored Link