日々、迷走

ミドサー女が日々を迷走する雑記。音楽、海外、IT、ドラマ、アニメ、映画、等々。Twitterやってます。@moon_tuki

カラコンの年齢制限

書こうか迷ってたんだけど、ずっとモヤってたので書く。

コスプレ用とかじゃなくて、ディファインレンズとかの話。
普段使いとして、例えばアラサー以上のカラコンはアリか?

僕は、アリ派。
別に仕事でだってつけてもいいと思う。
所謂化粧のひとつというか、ひとつの手段というか。
スーツは男の戦闘服だ、とか言うけど、化粧は女の戦闘アイテムだと思う。そのなかに、カラコンが入っていても、特におかしくはない。
もちろん使い方として、男が真っ赤なネクタイに真っ青なスーツでコナンスタイルだと浮く、ってのと同じで、ド派手なカラコンの色や、似合わないレンズサイズを選ぶのはビジネスとしてどうかと思うけど、それはカラコンそのものへの反対とはまた別の話だと思う。

なんでこんな話が引っかかってるかというと、かりそめ天国という深夜番組で、マツコデラックスがオーバー30のアナウンサーに対して「その年でカラコンはどうかと思う」と発言したから。
なんとなく勝手にそういうものにはマツコさんは寛容だと思っていた節もあって、なんだか心底がっかりした。
マツコさん自身あの恰好でテレビに出ているのだから、人の美意識を自分の常識で計って「どうかと思う」なんて言う人ではないだろうと、本当に勝手に買い被っていたのである。

実際世間的に、30過ぎてカラコンは「どうかと思う」ものなのかね。
芸能人でなんて枚挙に遑がないくらいカラコン愛用者はいるし、メイクの印象を変えるという意味では、これ以上ないくらい便利なファッションアイテムだと思うのだけれど。

ちなみに僕自身はというと、年に数回つけるかな、くらい。
必ず写真を撮るとわかっている時や、華やかに見せないといけない現場に入る時なんかにワンデーのをつけたりする。
これもそろそろやめた方がいいのか、、いやでも、僕は僕のセンスやタイミングを貫こうとは思う。
こういうのこそ、関係ない煩いだけの外野には「言わせとけばいい」のだ。


Sponsored Link