日々、迷走

ミドサー女が日々を迷走する雑記。音楽、海外、IT、ドラマ、アニメ、映画、等々。Twitterやってます。@moon_tuki

【ドラマ】わたし、定時で帰ります 視聴完了

吉高由里子主演。
定時で帰る系女子の話かと思いきや最後めっちゃ残業しましたね。むしろ倒れましたね。
最初は同じシステム屋の端くれとして「こんな職場ありえんー」「絶対作った人システム屋やったことないー」とか思ってたけど、仕事が出来る種田さん(向井理)に仕事が集まってく感じとか、鬼案件持ってきた力の強い人がサクッと会社を辞めてく感じとか、何も決められない客がただ会議に出てきてオロオロする感じとかはなんとなく心当たりがあったりなどした。ありえんとか言ってすまぬ。

最後福永部長が「彼も彼なりにワークスタイルに悩むおっさんの1人だった」という演出がよかった。
ただのぶっ飛んだ悪いヤツ、仕事ができなくて部下に押し付けるだけの悪代官、てわけではなくて、悩んだ末に変な方向に行ってしまう不器用な人だったんだよね。
わかった、案件から降りるよ、ってスパッと去って、また健気にワークライフバランス推進部みたいなとこで頑張ろうとしているのとか、ちょっと応援したくなったな。

他にも「秘書を通してくれなきゃ」とボヤきながらもきちんと対策して自らも客先に立つ社長、何を言っても長時間労働を辞めなかったのにユイが倒れて心配する側に回って心変わりした種田さんなど、「愛すべきキャラクター」がいたのがこのドラマの評価を引きあげたと思う。
後半になってよくなってった感じかな。
最初の方に出てきた、すぐ辞めちゃった新人とかのその後はちょっと気になった。
辞めた新人にもその後の人生が続いていってるわけで、制作側としてそれをどう思ってるのか(どうせYouTuberなんて続かなくて第二新卒で就活してる想定なのか、思い切ってワーホリにでも行って別の充実した人生を送っているサイドストーリー的なイメージがあるのか)単純に気になった。ぜひリアルですぐ会社やめた人達を取材でもしてリアリティのあるその後描写を数秒でも見せて欲しかったね。

そして何より。
あんまり「定時で帰る」本筋とは関係が無かったのかも知れないけど、ユイの彼の巧くん(中丸雄一)の存在、ちょっと怖かったなぁ。
モラハラっぽい?というか、なんか得体の知れない怖みがあった。
初めは「元婚約者への嫉妬」かとも思ったんだけど、なんかちがうのよねー。
そういう演出だったならいいけど、そんなつもりはなかったなら、それは中丸雄一自身から滲み出ていた可能性が出てきてさらに怖い。。

これは続編はないかなさすがに。
あってもスピンオフ120分とか?
イムリーな話題をモダンに解釈したいいドラマだったと思うので、また法令変更とかあったタイミングで見てみたい気はする。


Sponsored Link