日々、迷走

ミドサー女が日々を迷走する雑記。音楽、海外、IT、ドラマ、アニメ、映画、等々。Twitterやってます。@moon_tuki

個室婚活パーティ所感 2

当日。(前回の続きです)

まぁだいたいの流れは初回のこと書いた通りなんだけど、そういえば相手の男性のこと書くの忘れたな、って。

僕が行った個室婚活パーティーは、総じて男性のレベルが高かった。

個室でふたりきりになるのが嫌でたまらないほどのとんでもない人は今のところはいなかったかな。

で、昨日書いた「制限」ってのが意外と適当だってことに気づく。

年齢34歳まで、みたいな制限に36,7歳まで来るし、僕は1度身長175cm以上ってのに行ったのだけど、余裕で160センチ台みたいな人がいた。

 

女性側はどうなのかな。年齢はみんなさすがに守っているとは思うけど。

あと、僕は年収の制限があるものに行ったことはないのだけど、全体的に年収高い。

昨日も書いたけど、どんな悪いことすればあの若さであの年収になるんだろ。

ま、ちょっと多く申告しているのかな。証明とかはいらないからね。

性格はみなさんもちろんまちまちで、どんどん質問してくる人もいれば、それなりに掘り下げてお互い話を盛り上げようと努力してくれる人もいれば、こっちから話をふらないと沈黙になる人もいる。

沈黙の人はたぶん月憑きに第一印象で「ナシ」フラグが立ったんだろうね。

まぁまったくコミュニケーションがとれない人はいたことがないので、話しかければ返してくれるだけいいのだと思う。

僕個人的な意見では、プロフィールカード全部について浅く広く聞いてくる人より、ひとつ興味もって掘り下げてくる人のほうが印象はいいかな。そのひとつが外したらお互いつらいけど^^;

いずれにしても話す内容は似たり寄ったりになるので、何か印象に残る話をしない限りは、本当に見た目と雰囲気だけの判断になってしまう部分はある。

見目に多大なディスアドバンテージがある身としては怖すぎると自分でも思う。。。

たぶん女性側も行き帰りとかで見かける限りはレベルの高い方が多くて、すでに月憑きみたいなデブスはほとんど太刀打ちできないな、と薄々感じてはいるけどね。

ただ前にどこかでも書いた通り結構初対面と次々と会う、ってのが普通に面白くてハマっているので、「趣味:婚活」みたいに楽しめるうちは定期的に行くつもり。

たまにいるイケメンと個室でふたりになれるのは普通においしいし。

毎度ごちそうさまでございます。(所感終わり)


Sponsored Link