日々、迷走

ミドサー女が日々を迷走する雑記。音楽、海外、IT、ドラマ、アニメ、映画、等々。Twitterやってます。@moon_tuki

イギリス紅茶のすすめ

これを癒しグッズに入れていいかはわからないけれど、紅茶がわりと好き。

151030-2.png

特にイギリスの紅茶が好きで、行くとスーツケースいっぱいにお土産(自分用)に買ってくる。

お土産が紅茶っていいよね。

軽いし、こぼれたりしないし。そこそこ日持ちもするし。

しかもイギリスは物価自体は日本より高いにもかかわらず、紅茶に関しては割安なのです。これは買うしかない。

本当は葉っぱで飲みたいところなのだけれど、ティポット持ってないしそもそも面倒なので、買ってくるのはティバッグばっかり。

イギリスの紅茶(ティバッグ)というのは、こんな風に入っています。

151030-1.png

個包装も、紐もないのね。

こういうこともあって単価が安いのでしょう。

ひと箱50個も入っているのです。お得♪

ただ個包装はともかく、紐がないのは若干不便だったり。

家で飲む分にはスプーンとか箸とかマドラーとかでとればいいんだけど、職場のタンブラーで飲んでる時は、いれたら入れっぱなしにしとくしかないからねー。

どんどん濃くなっていきます。

運がいいと浮いてきてくれるからパッととって捨てられる。

タンブラーをまわしながらお湯を入れると成功率が高い。うん。

これに関してはもっといい方法を募集したいところです。

あとね、うちには色々イギリスの紅茶があるのだけれど、そして、どれも遜色なく美味しいのだけれど。

ここでWhittardの紅茶の写真を選んだ理由も一応添えておきます。

まず、Whittardの紅茶は美味しいです。

これは、長年の歴史が物語っていると思うし、僕自身、必ず購入して帰るくらい大好き。

でも、google先生で、Whittard って調べると、残念ながらアンチな記事がトップに出てしまうのです。

配送の不備に関するとても正当な記事で、記事自体に悪意があるものではなく、あったことを正直に述べている、いい記事だとは思います。

ただこれで、購入する日本人が減ってるかもしれないな、とは、さすがに思う。

これは本当にもったいない。

こうやって書くことできっと気になる人は調べてみるだろうし、逆に誘導になってしまうのかもしれないけれど、配送の不備はともかく、自分でお店で買ってくる分には美味しい紅茶がストレスフリーで飲めるので、僕はここで声を大にして推しておきたい。

美味しいよ、Whittard (/・ω・)/

 

さて。まぁ、本題に戻って。

Whittardに限らず、イギリス紅茶は本当にお勧め。

買うなら観光客用のお土産缶じゃなくて、ちゃんとブランド紅茶を買いましょうね。

もしくはスーパーで売っている現地の人が飲むやつ。

硬水で飲んだ方が本当は美味しいんだけれど、日本の軟水でも十分美味しくいただけます。

普段はミルクやレモンを入れる方も、一度はぜひストレートで飲んでいただきたい。

お土産に買ってくるなら、そしてお土産を頼む際も、イギリスなら、紅茶を!


Sponsored Link