日々、迷走

ミドサー女が日々を迷走する雑記。音楽、海外、IT、ドラマ、アニメ、映画、等々。Twitterやってます。@moon_tuki

【2人目】圧がすごいまじめっこさん (10/10)

5回目街歩きアポ?の続きです。
実はこの日、別のアポもあって。月憑き側に時間制約があったのね。
もう自分の中では最終回だったので、ちゃんと話す時間をもたなければ、と思いつつ、まぁでもこれで終わりでもいいかなぁという甘えも出始めて、「次の予定があるのでこのへんで」と強制的にアポを終了しようとしました。(最低な女ですみません)
すると、「もう少しだけ話せませんか」と。
うーん、うん、まぁ、はい、了解です。

「明日から本気出すにゃんこ」の写真

スタバでコーヒーを買って、外のベンチで最後は話しました。すごいいい陽気だったなぁ。
まじめっこさん:「もう5回目だし、ちゃんと伝えておこうと思って。先を見据えたお付き合いをしたいと思ってます」
なるほど、なかなか玉虫色な言い方をしましたね。

そう、好きとか本交際したいとか、そういう言葉は一回も出てこなかったんです。
もうこの時点で何を言われてもなびくわけではなかったけど、というか、本交際をもし申し入れられたらハッキリお断りもできたんだけど、このむにゅんとした言い方だったので、こっちももやんとしか返せなくて。
ちょっと今は気持ちが付いていけない、すごくLINEとかしてくれているのに応えられていないのは申し訳ないと思っている、みたいな言い方で、タイムアップでこの日は終わりました。
「わかりました、次の連絡待ってます」と言われました。

で。翌日にはごめんなさいしまいた。
これね、実はこの日のこの後のアポで会っていた人の影響がかなり大きかったりします。
ああ、疲れず自然体の会話ってやっぱりこういう感じだよなぁ、って気づかされて。
これ以上まじめっこさんを圧とスペックの高さだけで引き留めておくの、酷だなぁと改めて思いました。
ちょっと違うかもしれないけど、ドラマとかで、「スペックの高い、好いてくれる人」になぜかなびかず、「クズだけど相性がいい人」にいくヒロイン、たまにいるじゃないですか。
あの気持ちがわかった、かもしれない。

圧がすごいまじめっこさん 完