日々、迷走

ミドサー女が日々を迷走する雑記。音楽、海外、IT、ドラマ、アニメ、映画、等々。Twitterやってます。@moon_tuki

買い物額人生最高記録が更新されそう

今週のお題「人生で一番高い買い物」
今までの人生で一番高い買い物、正直どれなのか正確にわからないんだけど、ビジネスクラスを使った南米旅行費か、医療脱毛費か、ダイエット関連費(パーソナルトレーニングとか?)あたり。
いずれも確か100万とかそんなもんで(脱毛はさすがにそんなにはしなかったか??でもちょっとワケアリで高めではあった)、「ものとしては残らないもの」っていう共通点がある。
物品で一番高い買い物はせいぜい在宅勤務周りで買ったもの(あわせても20万くらい)、夫と共同購入ドラム式洗濯機(25万くらい)、あとなんだ?ほんと高い物何も持ってないな。

で、あるあるな話にはなるが、最近人生最高記録の買い物額、つまり「家」の購入に踏み切ろうかというところです。
いきなり桁が違う…
理由はもうただ単純に「家賃高いのに狭い」ため。
あと年齢ね。
35年ローン組むと余裕で定年超える歳です。
既定路線のつまらん話で申し訳ない。
自分でいざ家買おっかなってなってみると、別にほかの買い物とさして変わらんのやなと思う。
まぁローンで買うものは人生でそんなある訳では無いものの、買うときと判断基準とか情報収集とか、購買行動としては特別ではないなと。
今まで買って後悔したものも、思った以上の活躍があるものもあって、家も使ってみて色々気づくとこがあるんだろうな、ってのと、買う決断はどこかでエイヤが必要よね、というのと。
結局知識の差、情報収集の差が「いいものを買う」「お買い得に買う」という視点ではものを言うものではあるものの、情報を集めてる間に時は過ぎる&情報には上限はないので、ある程度で見切りをつけて決断するしかないんだなぁ、と感じている。
特に「時が過ぎる」のが致命的で、さっきも書いたけど「35年ローンと年齢の兼ね合い」の問題もあるし、「物件や土地の価格が上がり続けている(材料の高騰や株価上昇の影響)」や「いい物件・土地は決断を早くしないとわりとすぐ売れる」という事情もあって、普通に仕事とか生活しながら時間をかけて素人が検討するより、投資家とかがかっ攫うタイミングの方が早いだろうしある程度で諦めたというのもある。
正直理想の家かというと全然で、手が届く範囲と実生活を冷静に落とし込んだ結果でしかない。
あれもこれも諦めたなぁ。
なので人生で一番高い買い物に対するワクワクやふわふわはあんま無いのよね。マチュピチュ行く前の方がワクワクしてたかも。
住めば都になるといいなぁ。


Sponsored Link