日々、迷走

ミドサー女が日々を迷走する雑記。音楽、海外、IT、ドラマ、アニメ、映画、等々。Twitterやってます。@moon_tuki

マルチ商法の勧誘(1)

ちょっとした経験談

少し前に、マルチ商法の勧誘にあった。

僕は本当に勧誘されただけで、足をつっこんではいないので実際やっていたらどうなっていたかまではわからないが、面白い経験ではあったのでちょっとブログネタにさせてもらう。

長いから何回かに分割する、第一回。

 

はじまりは「高校の同級生」だった。

とりあえずこの人をAとしよう。もちろん同い年の、女性である。

メールアドレスを変更しました、だか、そんな感じのメールからAと久々に連絡をとり、職場が近いことがわかって、一度会うか、ってことになった。

1度目は特に勧誘などはなく、お互いの近況とかを少し話して終わったと思う。

ほどなくして、そのとき僕が言った「将来は職場でマネジメントとかやらないといけない」みたいな話にひっかけて、「マネジメントをやっている人が知り合いにいるから会ってみないか」みたいなことを言われた。

普通にお茶するだけならまぁ知り合い紹介みたいなものか、と、当時彼氏と別れたばかりだったこともあって会ってみることにした。

待ち合わせ場所は商業ビルの中のちょっとした座れるスペース、みたいなとこで、30代の男性Bが缶コーヒーをもって現れて、自分は大手企業に務めていたけれど3年くらいで辞めて今は店舗オーナーを複数経営してる~みたいな語りを10分くらいして、「じゃ、次の予定があるから!」とすぐ消えた。

本当にあっという間だった。

その後はAから続々といろいろなセミナーやなんかに誘われた。

Bの「コミュニケーション講座」みたいなのもあったし、有名なキャッシュフローゲーム、誰かの誕生会みたいなやつ、Bの家にも連れていかれた。

Bの家は所謂東京の高層マンションの上層階で、スカイツリーと東京タワーが見える、みたいな部屋だったと思う。

その部屋でBの話を聞く会とかもあったし、肉を食べようとか、すべらない話をしようとか、謎の会合にちょくちょく呼ばれて、暇なときはついていった。

そういえばBがいないのにそこで映画を見る会みたいなのもあったな。

どう考えても異様だった。

 

続きは(2)へ~

moontuki.hatenablog.com

 


Sponsored Link