日々、迷走

ミドサー女が日々を迷走する雑記。音楽、海外、IT、ドラマ、アニメ、映画、等々。Twitterやってます。@moon_tuki

xpぱそこんを久しぶりにあげてみた

僕がSEという道を歩き始めた理由は、まぁ色々あるんだけど、祖父の家にあったPCに興味をもったというのがその一つと言っていいと思う。

祖父はPC操作もままならない農家のじーさんだったのだけれど、たぶん自分の興味半分、孫の気を引きたい半分で、ずいぶん昔からパソコンを持っていた。

そのころは本当に起動が遅くて、インターネットだってちゃんとつながってないような時代だったので、ひたすら元から入っているゲームをやったり、ワードに文字を打って遊んだりしていた。

今考えるとそこそこ立派なキーボードを使っていたということもあって、キータッチをそこで覚えた。

キータッチができるようになると、文字を打つのが楽しくなる。

色々打ちたくなって、遊んでいるうちに、SEになってた、ってのが、まぁなんだかんだ僕の生い立ちみたいなもんのような気がする。

 

という前置きはまぁいいとして。(長かった)

そんな僕が最初に手に入れたPCがwindows XPだった。

まぁあのへんでPC買った人は、みんなXPだったのではなかろうか。vista出た後もXP買ってる人いたからな。

もう何年前のになるのかわからないんだけど(というか考えたくもない。10年以上は経ってるよ。うん)、そんなXPパソコンの中のデータがほしくて、久しぶりに立ち上げてみた。

ちゃんと立ち上がったこととか、自分がパスワードを覚えていたことにたいそう驚いた。

ただ、欲しかったデータは無かったんだよね。

記憶をたどると、重すぎて一回PCの全消去とかもやったような気がしなくもないから、そのときに消えたか、もともとそんなデータはなかったか。。

そのかわりと言ってはなんだけど、懐かしいデータがわんさと出てきて、ちょっとだけ、嬉しい気分になった。

ちなみにこう書くと今のPCが二代目みたいだけど、XPと今のwindows10の間には、しっかりwindows7と8が挟まっているし、台数でいえば両手の数で足りないので、感慨深さがわかってもらえると嬉しい。

もちろん全部のPCが手元に残っているわけではないので、初代がなんで残っているのかは、僕にも謎である。

 


Sponsored Link