日々、迷走

ミドサー女が日々を迷走する雑記。音楽、海外、IT、ドラマ、アニメ、映画、等々。Twitterやってます。@moon_tuki

劇団四季「アラジン」を語る

前にまだアラジン1回目の時にアラジンに絡めて劇団四季の中身についての話を書いたけれど、あれじゃあアラジンの中身わかんないよね、って思いまして。

まぁあれから実は何回かアラジン観ましたので、全体的な感想とか見どころとか語ろうかと。

まずはプロモーションからどうぞ。

 ミュージカル好きな人はこのプロモーションみるだけで結構心惹かれると思うんだけど、アラジンは初心者にもおすすめです。

お子さんがいるなら初ミュージカルはライオンキングのほうがおすすめかなぁ。

カップルやお友達同士なら初ミュージカルアラジンもアリだと思う。もちろんおひとりさまもOK。

まず座席のおすすめだけど、どのミュージカルももちろんセンターブロックがおすすめ。

ただすごく後ろになるなら、サイドの前のほうがいいと思う。

個人的には2階席とかは遠すぎてありえないなぁ。

アラジンについては、サイドになるなら左側(下手側)のが若干推しぎみだけど。。ぶっちゃけどっちでも。

角度が付きすぎて見えないとかはあんまりない演目だと思う。

ちなみについでだから書くけど「美女と野獣」は角度つくとけっこう重要なシーンが見えないから特に下手側は注意。「美女と野獣」こそセンターで席とりがんばろう。うん。

で、戻ってアラジンの見どころ。

まずは何をおいてもジーニー。

一番最初に場内の案内放送からジーニー節が始まるので、万が一にも遅れて入るなんてことないように。

幕が上がるといきなりジーニーの口上と、アラビアンナイトの歌が始まります。

ここの見どころはジーニーが取り出すランプ・・・と間違えて、何を出すかってところ。

お楽しみの方もいると思うので正解は書かないけれど^^;、その土地に合ったものが登場します。

僕はブロードウェイ版も見てきたので、もちろん東京とニューヨークでは出てくるものが違ったのを確認済。

(どうしても正解が知りたい方はtwitterで僕に話しかけてくれれば教えます^^;)

拍手に特徴があるけどこれはたぶんなんとなく見てればわかるから大丈夫。間違えても大丈夫。

一度全員退場すると、その後アラジンとその仲間たちの話が結構長く続く。

ジャスミンとも出会ったりなんなりして、幕間の前にやっとジーニーとアラジンが出会う。

ここでジーニーがいろいろ見せてくれます。ここふたつめの見どころ。

見せてっていうか、聴かせてくれる、かな。

friend like me っていう有名なジーニーの曲に乗せて、踊る踊る歌う歌う。

観客に一度、シンデレラの呪文「ビビディバビディブー」を求められるので、リズム感がある方は言って大丈夫です(笑)

「さんはい!」とか「一緒に!」とかそんなこと言われた後に言うんだけどね。これは一回見ないとできないかな^^;

何回か見てる人がここで発覚する仕組み。

観客がしゃべっていいのはここ1回だけなんでw

美女と野獣やリトルマーメイドの曲とかも登場して、劇団四季を横断的に見てる人はさらに楽しめる仕様になっているのも嬉しいところ。(ポカホンタスとかも入ってくるからディズニー縛りなのかな・・?)

幕間を挟みまして、アリー王子(アラジンの王子の姿)の登場。

ここはディズニー版のアラジンを見たことがある人はちょっと笑える表現が入ってたりする。

そして有名なホールニューワールド。

魔法のじゅうたんが飛ぶのはここと最後に1回あるのだけど、本当に飛んでるように見えるのでよーく確認してほしい。

1回目のときは暗いけれどずいぶん長く飛ぶので、不思議な感覚がたっぷり味わえる。

いやー、あれは何回見てもどうやって飛んでるのかわかんないわ。よぅできとる。

こっから後ろは物語のフィナーレに向かって内容も加速するので、しっかりついてってくださいな。

ジーニーを追っかけるもよし、おちゃめなジャスミンパパに惚れるもよし、イケメンジャファーに焦がれるもよし、流麗な衣装、アップテンポの音楽、やっぱり不思議なじゅうたん、、、

みどころは尽きないね。

ハッピーエンドだし、おもしろいし、満足感は高いミュージカルだと思う。


Sponsored Link