日々、迷走

ミドサー女が日々を迷走する雑記。音楽、海外、IT、ドラマ、アニメ、映画、等々。Twitterやってます。@moon_tuki

【2020年春アニメ】かくしごと 視聴完了

評価:B+

kakushigoto-anime.com

やっと前期までおいついてきました、アニメ感想記事です。

久米田康治原作。絶望先生とかじょしらくの方ですね。

これの原作漫画、アニメの最終回とほぼ同時で連載も終了したそうです。

内容は絶望先生の風味がついていたものの風刺や皮肉はあれよりは弱め、下ネタ漫画家であるものの下ネタもほぼない日常アニメだったかな、と。

「普通に面白い」という表現が一番近い感じ。

最後ギャグアニメをちょっと感動っぽく終わらせたところも、ある意味皮肉っぽかったというか、「こういうの好きだろ、こうやって終わらせてやるよ仕方ないから」みたいな、一段上から視聴者を見ているような作品でしたね。

「風のタイツ」は一度ぜひどういう作品なのか読んでみたくなった。たぶん完走はしないけど。

最終回を二週連続で同じものをリプレイしたのはコロナ影響かなぁ。最後の詰め込みすごかった。

あれを#12,#13で分けてくれた方が万人的には見やすかったような気はするけれど、、うーん、2話分あのしっとりな雰囲気で来られたらそれはそれで鬱になるから、きっとこれでよかったんだと思う。

 


Sponsored Link